人と人とが思いやり、
支え合うことの大切さ

2018年 新年あけましておめでとうございます

皆さまには、お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 

昨年9月UAゼンセン第6回定期大会の推薦決議以降、働く仲間の声を、生活者の声を政治の場に届けるために、全国各地のUAゼンセンの仲間の皆さまへご挨拶させていただくとともに、交流を続けています。お会いできた組合員の皆さまに温かくお迎えいただいた事は、新人の私にとって大変心強く、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

直接お話をさせていただく中で、多くの仲間の皆さまから、今の政治は、働く者・生活者の目線からかけ離れているという声を改めて実感しています。昨年10月に行われた第48回衆議院議員選挙の結果、私たちが望む政治体制とはならず、与党による一強多弱の状態が継続されることとなりました。

 

自公与党が圧倒的多数を占める1月の通常国会では、私たち労働者の働き方に大きな影響を及ぼす、「労働基準法等の改正をする法案」の審議も控えており、審議の行方が非常に注目されるとともに、危惧の念を抱かざるを得ません。

また、2018労働条件闘争も控えており、ここでも、実質的な賃金の引き上げにとどまらず、働き方の改革、有期労働契約(無期転換ルール)に関する取り組みなどまったなしの状況です。

 

UAゼンセンのビジョン「一人ひとりが人間らしく心豊かに生きていく持続可能な社会」を目指し活動を推進するとともに、その他の政策実現に向け、様々な課題を解決するため、仲間の皆さまの声を、一つでも多くお聞かせいただくために、全国各地に足を運び、直接言葉を交わしていきたいと考えます。

 

私達の未来に向け自らが、夢や希望を実現するための選択が可能な明るい国をめざし、誰もが平等にチャレンジでき、支え合い、安心して働き続けられる社会の実現に向けてともに対話を重ね、手を携えて取り組んでまいりましょう。

 

 

引き続き、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

 

 

結びに、2018年が皆さまと皆さまの家族にとりまして幸多き1年となりますことをご祈念申し上げまして新年のご挨拶といたします。

 

2018年 1月
参議院議員選挙(比例)
UAゼンセン組織候補予定者
田村 まみ

ご意見・メッセージ 投稿フォーム
お名前
組織名
ご意見